オンラインカジノ税金、違法、詐欺

オンラインカジノの収益は法人化できるのか【税金が発生した場合の対処法も公開】

オンラインカジノ 法人化で節税

オンカジLabへようこそ

当記事では、オンラインカジノで稼いだ税金の対策方法をご紹介します。

最近話題のオンラインカジノでのプレイ人数が多くなってきました。

ですが、その中でオンラインカジノで稼いだお金に発生する税金について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今現在、                                    「オンラインカジノで発生する税金について悩んでいる方」               「これからオンラインカジノをプレイする方

などいらっしゃると思いますが、そんな方々の為にオンラインカジノの税金対策方法をご紹介していきます。

Lab助手
Lab助手
オンラインカジノで稼いお金の税金対策ってできるんでしょか?
税金対策ができるなら、したほうがいいわよね…
Lab准教授
Lab准教授
Lab教授
Lab教授
では、皆のために様々な税金対策法を解説していくぞ!

オンラインカジノで得た収入に発生する税金とは?

オンラインカジノで得た収入で税金が発生するのか?

オンラインカジノで発生する税金についてですが、

まず、オンラインカジノで得た所得には「一時所得」というものに分類されており、

課税対象となっております。

オンラインカジノで得た所得は「検証や副引きの賞金」「競馬や競輪の払戻金」というもので国税庁の調査により課税対象として定められております。

日本では賭博法などの法律があるものの、オンラインカジノに対する法律がありません

日本でオンラインカジノの運営をする事自体は違法ですが、

プレイすることは違法ではありません。

つまり、オンラインカジノは「違法ではない稼ぎ方」なのです。

日本のオンラインカジノの法律については、下記のリンクに「オンラインカジノの法律」に記載してありますのでご参照ください。

オンラインカジノは本当に違法なのか?

オンラインカジノはインターネットを通じてプレイするので、

オンラインカジノ側にプレイ履歴が残るようになっております。

ですので、プレイ履歴から出金額等を計算して、確定申告が必要か否かを調べましょう。

オンラインカジノの税金の計算方法についてや確定申告については

下記のリンクに「オンラインカジノの税金」に記載してありますのでご参照ください。

オンラインカジノで税金は発生するのか?計算方法と確定申告のやり方徹底解説!

競馬やパチンコ等で稼いだ場合の税金対策

オンラインカジノやパチンコ、競馬で出た利益の税金について

競馬やパチンコなどの所得はオンラインカジノと同様で「一時所得」に分類されており、一時所得の額にもよりますが課税対象になります。

ですが、競馬やパチンコ等で収入を得た場合、お金が移動している記録が個人口座に残らない為自分自身で確定申告をしなければいけません。

競馬やパチンコで得た所得が課税対象になるということを知らない方も多いです。

なので、現状では確定申告をしていない人や税金未払いの人が数多くいらっしゃいますので、オンラインカジノで少しでも利益を得た方は今一度オンラインカジノ側のプレイ履歴から確定申告が必要か否かを調べましょう。

オンラインカジノの税金が発生するタイミング

オンラインカジノの税金が発生するタイミング

オンラインカジノで発生する税金ですが、いつ発生するのか、

発生するタイミングは利用しているオンラインカジノから個人口座に出金した時です。

例えばオンラインカジノで月に100万円の利益を出していたとしても

税金が発生することはありません。

オンラインカジノにあるお金を個人口座に

出金した段階でその金額が課税対象となります。

では、オンラインカジノで出た利益をどうやって出金するのか。

オンラインカジノの税金対策方法

オンラインカジノ法人化で節税

確定申告は、その年の1月1日から12月31日までに得た所得に発生します

その翌年の2月16日から3月15日の翌年の間に確定申告をします

下記に記載してある税金対策法をしていたとしてもしっかりと課税計算をし、

確定申告をしなければいけません。

面倒臭いかもしれませんが、しっかりと納税しないと

ペナルティー加算がつき通常以上の納税額となる可能性があります。

では、ここから実際にオンラインカジノでの税金対策を3つご紹介します。

①エコペイズ(ecoPayz)

エコペイズは世界中で送金、資金の受け取り及び使用が全て

一つのオンラインアカウントで行えます。

銀行口座や信用調査の必要がなく数分で簡単に

無料アカウントを開設することができます。

②スティックペイ(STICPAY)

STICPAYは国境のないE –paymentでSTICPAYを通じて

相手がどこの国にいても1分以内に全ての送金処理が可能なシステムです。

本人確認の為の身分証明書、居住証明書の提出と承認が必要になりますが、

STICPAYアカウントは3分で簡単に開設することができます。

STICPAYカードを利用することで海外のATMで出金すると

手数料を大幅に節約することができます。

③法人の設立

法人の設立によりオンラインカジノで発生する税金の対策をしている方もいらっしゃいます。

年間の所得が500万円を超える場合法人の設立で節税となり

オンラインカジノの税金を減らすことが可能です。

「まず、オンラインカジノで年間の所得が500万円を超えることなんて可能なの?」と 思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、世の中にはオンラインカジノの税金対策の為に

法人の設立をしている方は大勢いらっしゃいます。

上記の疑問の答えとして

オンラインカジノで得ている収入を事業収入として扱うことは可能なのです。

つまりオンラインカジノの法人化が可能です。

日本にはまだ、オンラインカジノの認知度が低い為プレイ人数が少ないですが、IR法の可決により日本でのカジノに対するイメージが改善され間接的にオンラインカジノのプレイ人数が増えていくかもしれませんね。

そうなると、オンラインカジノの税金に対して税金対策として

法人化で対策をされる方も増えてくると思います。

Lab助手
Lab助手
なるほど!色んな税金対策法があるんですね!
法人の設立は始めたばかりの私には難しいわね。
Lab准教授
Lab准教授
Lab教授
Lab教授
そうじゃな、簡単に税金対策するならエコペイズかスティックペイがいいぞ!

まとめ

オンラインカジノ法人まとめ

当記事でオンラインカジノの税金対策について少しでも知ることができたのではないでしょうか、

上記に記載してある税金対策法ですが、僕がオススメするのは「スティックペイ」です。

スティックペイだけでなく

最近CMなどもよく流れていますが、オンラインカジノは冒頭でもお話しした通り、日本にはオンラインカジノに対する法律が存在しない為、「違法ではない稼ぎ方」というようになっております。

中にはオンラインカジノを違法と思っている方も数多く見られます。

恐らく、「オンラインカジノ」ではなく、「インターネットカジノ」と勘違いをされているのではないでしょうか。

インターネットカジノは摘発もされており違法なものですが

オンラインカジノは逮捕者は出ているものの全て不起訴になっております。

ですので、現在オンラインカジノで発生する税金を多く支払っている方は

是非当記事でご紹介した税金対策方法をお試しください。