世界の様々なカジノ

【徹底解説】カジノ法案にはどのようなメリットやデメリットがあるのか?日本で考えられる様々な問題点⁉︎

カジノ IR法 メリットデメリット

オンカジLabへようこそ

当記事では、
2018年に可決されたIR法案の
メリットとデメリット
について
詳しく解説しております。

日本にカジノができることになり、
日本中では大変話題になっておりますが

カジノを建設することにより、
様々なメリットやデメリット
考えられております。

そこで今回は、
カジノを建設することにより
メリットと考えられている点と、
デメリットと考えられている点を
詳しく記載しておりますので、
気になる方は是非最後まで
ご参照ください。

Lab助手
Lab助手
ギャンブル依存症とかがデメリットになってくるのでしょうか?

でも、何がメリットとデメリットってすぐには思い付かないわね。
Lab准教授
Lab准教授

Lab教授
Lab教授
カジノで遊ぶ上でメリットとデメリットについて知っておくことは大切じゃぞ。

当記事では、
IRのメリットとデメリットという
テーマで記事を記載しておりますが

IR法案が
どの様なものなのかが
分からない方は下記のリンクに
IR法を詳しく記載した記事
ございますので、
そちらからご覧ください。

今日本で噂のIR法とはなにか?!

IRのメリット

カジノ IR法 メリット

日本にカジノが
建設されることにより
メリットと考えられている点を
4つご紹介していきます。

税収の増加

実はこのIR法案の中で
最も大きなメリットと
考えられているのが、
「社会保障費」です。

「カジノは県が運営するにではなく、国が運営するもの」

と予想されており、
そうなればカジノで出た利益は
もちろん国のものになります。

実例を挙げると、
マカオでは2015年に
カジノの税収だけで
日本円に換算すると
約1兆2,300億円あり

それにより、国民は

国民のメリット

・教育費の無料

・電気料金の補助

・医療費の補助

など様々な恩恵を
受ける事ができました。

日本にカジノが建設されたとして、
マカオと同様に大きなお金が
動くかは分かりませんが、
カジノで収益が出れば日本でも
このような恩恵が
受けられるかも知れませんね。

また、観光客が地域に
お金を使い消費税による
収益が増加したり、
雇用が増え所得税による
収益が増えることで、
税収の増加にも
つながるかもしれません。

雇用の創出

カジノができれば
もちろん働く人が必要になり、
ディーラーや受付など
沢山のスタッフが必要になります。

カジノが地域に建設されることで、
その地域の雇用を創出されたり、
カジノで景気が上がる
カジノ以外の施設に
その影響が回ってきます

カジノで景気が
上げるとカジノだけでなく、
ホテルや飲食店など
新しく雇用を作っていきます。

観光客の増加

カジノは訪日旅行を
増加できることを考えると
大きなメリットとなります。

カジノが開業すれば
海外から沢山の観光客が
増加し飲食店やお土産屋などで
お金を使うことになります。

そうなれば、
カジノのある地域は
観光収入により景気が向上する
というメリットも
考えられております。

インフラ設備が整う

人口が少ない地域や
発展途上の地域でも、
カジノの開業により多くの観光客が
集まるようになれば、
カジノの周辺地域の設備を
整えなければいけません。

例えカジノが素晴らしい設備を
整えていたとしても、
カジノに行くまでの設備が
整っていないと思った以上
に人が集まらず、
沢山の利益を出す事ができません。

他にもIR法案はカジノの他にも
ホテルやショッピングセンターなど
様々な施設があるので、
それらの設備も
十分に充実させなければいけません。

ですが、交通設備やカジノ以外の
設備が充実できれば、
カジノが目的で来る人だけでなく、
ショッピングなどが目的で
来るひとや周辺に
住んでいる人にとっても
利便性が上がることになるでしょう。

IRのデメリット

カジノ IR法 デメリット

次に、日本にカジノが
建設されることにより
デメリットと考えられている点を
3つご紹介していきます。

治安の悪化

現在はIR誘致に立控除している
自治体は様々で、
現在では大阪横浜
有力とされております。

カジノができれば
もちろん海外からの観光客が
増加します。

ですが、外国人の観光客の方々は
私たちとは文化が異なるため、
トラブルが起きてしまう可能性があり
その結果カジノ周辺の治安が
悪化してしまうという恐れもあります。

トラブルを回避するためには、
カジノ周辺を警備する必要もあり
警備費用もかかってくるため
問題視されております。

マネーロンダリング

マネーロンダリングとは、
資金洗浄のことを表しております。

脱税など非合法にお金を得た場合に
お金の出所を分からなくする方法で、
摘発や捜査機関による差押などから
逃れようとするものです。

そのマネーロンダリングが
このカジノでも使われる
ことがあるそうです。

政府は
「許可証を出したところだけにする」
という規制をカジノを運営する
業者に対して提示し
マネーロンダリングを防ぐ狙いですが、
この効果は実際にカジノの運営が
始まってからではないと分かりません。

ギャンブル依存症の増加

2017年に厚生労働省が、
「依存が疑われるほどギャンブルにのめり込んだという方は3.6%にのぼる」
という統計が
調査によって出ております。

ギャンブルは自分で制御ができれば
娯楽として楽しく遊ぶ事ができますが、
制御ができないと
ギャンブル依存症になってしまい、
多額の借金を負ってしまい
借金多重債務者になってしまう
リスクもあります。

ですが、日本のIRでは
来場者は週3回までとし月10回までと
来場回数を制限することで、
ギャンブル依存症の対策を
するとしています。

他にも、初期段階は入場料は
2,000円とされていましたが、
現在は入場料が6,000円と
3倍にしており、
ギャンブル依存症に対して
徹底的に防止する考えです。

これからも入場料や入場回数の
他にもギャンブル依存症に対して
なんらかの対策が増えていくと
考えられます。

なるほど、
沢山のメリットとデメリット
があるんですね。

Lab助手
Lab助手
なるほど、沢山のメリットとデメリットがあるんですね。

難しい問題点ばかりね。これから解決していけるのかしら?
Lab准教授
Lab准教授

Lab教授
Lab教授
どうじゃろうな。ギャンブル依存症は今でも大きな問題になっておるからのう。

まとめ

カジノ IR法 評価 まとめ

当記事では、2018年に可決された
IR法案のメリットとデメリットについて
詳しく記載してきましたが
ご理解いただけたでしょうか?

現在は当記事で紹介した
メリットとデメリットが
考えられておりますが、

これからも新しい考えが
出てくる可能性もあります。

メリット面を見てみれば
とても良い点があり、
日本の経済の為にも
開業した方がいいと
思われますが、

デメリットな面を見てみれば、
少し難しいかもしれませんね。

これからIRがどのように
進展していくのかが
非常に楽しみですね。

また、日本にIRができる前から
カジノをプレイしたい方は
オンカジLabも愛用し
安心安全でプレイヤーに
とても優しいオンラインカジノサイトを
下記のリンクよりご紹介しているので
興味がある方はぜひご覧ください。

ラピンベットカジノ