カジノ手法/裏技

オンラインカジノに必勝法はあるのか?!【現地のカジノを潰した方法を完全公開】

オンカジLabへようこそ

当記事では、オンラインカジノ・現地でのカジノにおける様々な

手法についてご紹介します。

「カジノって勝ち方とかあるの?」

「カジノの必勝法を知りたい」

「カジノで負けてしまう」

「日本にもカジノができるから今のうちに賭け方を知りたい」

など、様々な疑問や質問があると思いますが今回はその疑問等に

詳しく解説して行きたいと思います。

Lab助手
Lab助手
オンラインカジノで賭け方って存在するのでしょうか?
私も知りたいわ!賭け方が分からないからいつも適当に賭けているのよね。
Lab准教授
Lab准教授
Lab教授
Lab教授
では、皆のためにオンラインカジノの様々な手法を紹介していくぞ!

オンラインカジノ・現地のカジノの必勝法

オンラインカジノでも現地のカジノでも使えるカジノ賭け方

よく、オンラインカジノや現地でのカジノの必勝法などを探している方などを

さまざまなSNSで拝見いたします。

では、実際にカジノの必勝法は存在するのか?

結論から申し上げると、必勝法は存在しません。

その理由はカジノで勝つためには、「運」も必要になってくるからです。

ですが、勝ち方を知ることにより何も考えずに賭けるよりも

カジノで利益を出しやすくなります。

世界には”プロギャンブラー”という方達が存在します。

その方達は運だけで大金を稼ぎ”プロ”と呼ばれていることではなく、

勝ち方をマスターして生計を立てることができるから”プロ”と呼ばれています。

「オンラインカジノで生計を立てたい」という方がもしいらっしゃる場合、

下記のリンクをクリックしていただけると飛べるようになっておりますので、

是非ご参照ください。

オンラインカジノ生活

そこで、次に実際に存在するカジノの攻略法をご紹介します。

※攻略法は勝つ確率を上げるものであり、必ず勝てるようになるものではありません

オンラインカジノ・カジノの攻略法

オンラインカジノでも現地のカジノでも使えるカジノ賭け方

下記で様々な手法を解説していきます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、負けるたびにベット額を倍々に賭けていく手法で、一度でも勝利することができれば今まで負けている損失額を取り戻すことができます。

手法の中でも特に有名なものなので知っている方も多いのではないでしょうか。

・マーチンゲール法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

負け

-10ドル

-10ドル

2回目

20ドル

負け

-20ドル

-30ドル

3回目

40ドル

負け

-40ドル

-70ドル

4回目

80ドル

負け

-80ドル

-150ドル

5回目

160ドル

勝ち

+320ドル

+10ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+20ドル

1回目からのゲームで、10ドル、20ドル、40ドル、80ドルの順で負けているので4回目の時点での損益額は-150ドルとなっており、5回目のゲームで160ドルをベットし勝利しているので損益額が+10ドルとなっております。

5回目に160ドルをベットし勝利しているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・マーチンゲール法のメリット

①負けが続いたとしても一度でも勝つことができれば、それまでの損失額を取り戻すことが可能。

初心者でも簡単にこの攻略法を活用できる。

・マーチンゲール法のデメリット

①負けが続くことでベット額が大きくなっていくので資金に限界がある。

②勝利までの心理的負担が大きい。

③最大ベット額が決められているゲームもあり、負けが続いた場合ベットできない可能性がある。

マーチンゲール法についてもっと知りたい方は、下記にマーチンゲール法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノマーチンゲール法

3倍マーチンゲール法

3倍マーチンゲール法とは、先ほど説明したマーチンゲール法と似た手法で、負けるたびにベット額を3倍ずつ賭けていく手法で、マーチンゲール法と同様で一度でも勝利することができれば今まで負けている損失額を取り戻すことができます。

・3倍マーチンゲール法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

負け

-10ドル

-10ドル

2回目

30ドル

負け

-30ドル

-40ドル

3回目

90ドル

負け

-90ドル

-130ドル

4回目

270ドル

負け

-270ドル

-400ドル

5回目

810ドル

勝ち

+1620ドル

+410ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+420ドル

1回目からのゲームで、10ドル、30ドル、90ドル、270ドルの順で負けているので4回目の時点での損益額は-400ドルとなっており、5回目のゲームで810ドルをベットし勝利しているので損益額が+410ドルとなっております。

5回目に810ドルをベットし勝利しているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・3倍マーチンゲール法のメリット

①負けが続いたとしても一度でも勝つことができれば、それまでの損失額を取り戻すことが可能。

初心者でも簡単にこの攻略法を活用できる。

負けが続くほど勝った時の利益が大きくなる。

短時間で大きな利益を出すことが可能。

・3倍マーチンゲール法のデメリット

①負けが続くことでベット額が大きくなっていくので資金に限界がある。

②勝利までの心理的負担が大きい。

③最大ベット額が決められているゲームもあり、

負けが続いた場合ベットできない可能性がある。

3倍マーチンゲール法についてもっと知りたい方は、下記に3倍マーチンゲール法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノ3倍マーチンゲール法

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法とは、負けるたびにベット額を「倍額+α」賭けていく手法で、3倍マーチンゲール法と似た手法です。

・グランマーチンゲール法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

更に、+αの額を10ドルとします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

負け

-10ドル

-10ドル

2回目

30ドル(10×2+10)

負け

-30ドル

-40ドル

3回目

70ドル(30×2+10)

負け

-70ドル

-110ドル

4回目

150ドル(70×2+10)

負け

-150ドル

-260ドル

5回目

310ドル(150×2+10)

勝ち

+620ドル

+50ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+60ドル

1回目からのゲームで、10ドル、30ドル、70ドル、150ドルの順で負けているので4回目の時点での損益額は-260ドルとなっており、5回目のゲームで310ドルをベットし勝利しているので損益額が+50ドルとなっております。

5回目に310ドルをベットし勝利しているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・グランマーチンゲール法のメリット

①負けが続いたとしても一度でも勝つことができれば、それまでの損失額を取り戻すことが可能。

初心者でも簡単にこの攻略法を活用できる。

負けが続くほど勝った時の利益が大きくなる。

短時間で大きな利益を出すことが可能。

・3倍マーチンゲール法のデメリット

①負けが続くことでベット額が大きくなっていくので資金に限界がある。

②勝利までの心理的負担が大きい。

③最大ベット額が決められているゲームもあり、負けが続いた場合ベットできない可能性がある。

グランマーチンゲール法についてもっと知りたい方は、下記にグランマーチンゲール法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノグランマーチンゲール法

パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法とは、別名「逆マーチンゲール法」と呼ばれ、

勝つたびにベット額を倍々に賭けていく手法で、

一度でも勝利することができれば今まで負けている損失額を取り戻すことができます。

・パーレー法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2回目

20ドル

勝ち

+40ドル

+30ドル

3回目

40ドル

勝ち

+80ドル

+70ドル

4回目

80ドル

勝ち

+160ドル

+150ドル

5回目

160ドル

負け

-160ドル

-10ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

0

1回目からのゲームで、10ドル、20ドル、40ドル、80ドルの順で勝っているので4回目の時点での損益額は+150ドルとなっており、5回目のゲームで160ドルをベットし負けているので損益額が-10ドルとなっております。

5回目に160ドルをベットし負けているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・パーレー法のメリット

連続で勝ち続ける程大きな利益になる。

短時間で大きな利益を出すことが可能。

・パーレー法のデメリット

①一度でも負けてしまうと今まで勝っていた分がマイナスになる。

パーレー法についてもっと知りたい方は、下記にパーレー法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノパーレー法

グランパーレー法

グランパーレー法とは、パーレー法を応用した手法で、

勝つたびにベット額を「倍額+α」賭けていく手法です。

・グランパーレー法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

更に、+αの額を10ドルとします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2回目

30ドル(10×2+10)

勝ち

+30ドル

+40ドル

3回目

70ドル(30×2+10)

勝ち

+70ドル

+110ドル

4回目

150ドル(70×2+10)

勝ち

+150ドル

+260ドル

5回目

310ドル(150×2+10)

負け

-310ドル

-50ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

-30ドル

1回目からのゲームで、10ドル、30ドル、70ドル、150ドルの順で勝っているので4回目の時点での損益額は+260ドルとなっており、5回目のゲームで310ドルをベットし負けているので損益額が-50ドルとなっております。

5回目に310ドルをベットし負けているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・グランパーレー法のメリット

連続で勝ち続ける程大きな利益になる。

短時間で大きな利益を出すことが可能。

・グランパーレー法のデメリット

①一度でも負けてしまうと今まで勝っていた分がマイナスになる。

グランパーレー法についてもっと知りたい方は、下記にグランパーレー法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノグランパーレー法

グッドマン法(1235法 )

グッドマン法とは、「1、2、3、5」の順で賭け額を増やしていく手法です。

ゲームに勝つたびに「1、2、3、5」の順でベット額を増やしていきます。

「5」で勝ったとしてもベット額は増やさず、「5」のままでベットを続けていきます。

・グッドマン法の具体的な説明

例として、ベット額を「1、2、3、5」×10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2回目

20ドル

勝ち

+40ドル

+30ドル

3回目

30ドル

勝ち

+60ドル

+60ドル

4回目

50ドル

勝ち

+100ドル

+110ドル

5回目

50ドル

負け

-50ドル

+60ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+70ドル

1回目からのゲームで、10ドル、20ドル、30ドル、50ドルの順で勝っているので4回目の時点での損益額は+110ドルとなっており、5回目のゲームで50ドルをベットし負けているので損益額が+60ドルとなっております。

5回目に50ドルをベットし負けているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・グッドマン法のメリット

大きな損失になりにくい

②最初に連勝することができれば、その後に連敗したとしても損失が出にくい

ベット額が激増することがない

・グッドマン法のデメリット

①大きな利益になりにくい。

グッドマン法についてもっと知りたい方は、下記にグッドマン法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノグッドマン法

バーネット法

バーネット法とは、グッドマン法と似た手法で、

「1、3、2、6」の順で賭け額を増やしていく手法です。

ゲームに勝つたびに「1、3、2、6」の順でベット額を増やしていきます。

「6」で勝ったとしてもベット額は増やさず、

「6」のままでベットを続けていきます。

・バーネット法の具体的な説明

バーネット法の具体的な説明は、グッドマン法に記載してある表と同様です。

「1、2、3、5」が「1、3、2、6」になっているだけです。

・バーネット法のメリット

大きな損失になりにくい

②最初に連勝することができれば、その後に連敗したとしても損失が出にくい

③ベット額が激増することがない。

・バーネット法のデメリット

①大きな利益になりにくい。

バーネット法についてもっと知りたい方は、下記にバーネット法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノバーネット法

ピラミッド法

ピラミッド法とは、勝ったら次のベット額に一単位減らし、負けたら次のベット額に一単位増やす手法です。一単位の額は自分自身で決めます。

ピラミッド法は勝敗確率が2分の1、配当倍率が2倍のゲームで使用します。

※ベット額が一単位と同額になった場合は、ベット額の増減はありません。

・ピラミッド法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

更に、一単位を5ドルとします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2回目

5ドル

負け

-5ドル

+5ドル

3回目

10ドル

負け

-10ドル

-15ドル

4回目

15ドル

勝ち

+30ドル

0

5回目

10ドル

負け

-10ドル

-10ドル

6回目

15ドル

勝ち

+30ドル

+5ドル

1回目で勝ったので、10ドルから一単位(5ドル)を引いたベッド額は5ドルとなり、

2回目で負けたので、5ドルから一単位(5ドル)を足したベッド額は10ドルとなり、

3回目で負けたので、10ドルから一単位(5ドル)を足したベッド額は15ドルとなり、

4回目で勝ったので、15ドルから一単位(5ドル)を引いたベッド額は10ドルとなり、

5回目で負けたので、10ドルから一単位(5ドル)を足したベッド額は15ドルとなり、

6回目で15ドルをベットし最終的な損益は+5ドルとなります。

・ピラミッド法のメリット

大きな損失になりにくい

負けの割合が多くても利益を出すことができる

ベット額が激増することがない

利益がなくなりにくい

・ピラミッド法のデメリット

①勝ち負けが交互に続く場合大きな利益を出せない。

②スタートベット額が低すぎると連勝した後に連敗すると

利益が同数だとしてもマイナスになってしまう。

ピラミッド法についてもっと知りたい方は、下記にピラミッド法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノピラミッド法

ココモ法

ココモ法とは、直近2ゲームのベット額を合計した額を

3ゲーム目にベットするという手法です。

ココモ法は勝敗確率が3分の1、配当倍率が2倍のゲームで使用します。

ルールとしてゲームを始めて2連敗後にココモ法を使用できます。

・ココモ法の具体的な説明

例として、ベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2回目

10ドル

負け

-10ドル

0ドル

3回目

10ドル

負け

-10ドル

-10ドル

4回目

20ドル

負け

-20ドル

-30ドル

5回目

30ドル

勝ち

+60ドル

0ドル

6回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2、3回目に連敗しているので、4回目に20ドル(10+10)をベットします。

更に3、4回目も連敗しているので、5回目に30ドル(10+20ドル)をベットします。

5回目に30ドルをベットし勝っているので、6回目には最初のベット額に戻ります。

・ココモ法のメリット

連敗すればするほど勝った時の利益が大きい

・ココモ法のデメリット

①最大ベット額が決められているゲームもあり、負けが続いた場合ベットできない可能性がある。

10%法(テンパーセント法)

10パーセント法とは、自己資金の10%を次々とベットしていく手法です。

10%法は勝敗確率が2分の1、配当倍率が1倍のゲームがオススメです。

・10%法の具体的な説明

例として、資金を100ドルとし、最初のベット額は10ドルとします。         ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

総資金

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

110ドル

2回目

11ドル

勝ち

+22ドル

+21ドル

121ドル

3回目

12ドル

勝ち

+24ドル

+33ドル

133ドル

4回目

13ドル

勝ち

+26ドル

+46ドル

146ドル

5回目

15ドル

勝ち

+30ドル

+61ドル

161ドル

6回目

16ドル

勝ち

+32ドル

+77ドル

177ドル

上記の表は連勝したことを想定したものです。

連敗の場合も上記の表と同じような計算となります。

・10%法のメリット

連勝すればするほど利益が増えやすくなる

負けてしまったとしてもベット額が増えないので心理的負担が少ない

・10%法のデメリット

①勝ったとき、次のベット額の計算が面倒になる。

10%法についてもっと知りたい方は、下記に10%法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノ10%法

ハーフストップ法

ハーフストップ法とは、収支額+〇〇ドル以上の最高収支額をゲームの中で決め、その最高収支額が半分以下に減少した時点でゲームを終了するという手法です。

・ハーフストップ法の具体的な説明

例として、資金が100ドル、最高収支額が100ドルとします。

資金が100ドル、最高収支額が100ドルなの下記の表では総資金が200ドルからのスタートで150ドルまでに減少したらゲーム終了となります。

(最高収支額が100ドルなので50ドルになったらゲームを終了するということになります)

ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

総資金

1回目

20ドル

勝ち

+40ドル

+20ドル

220ドル

2回目

30ドル

勝ち

+60ドル

+50ドル

250ドル

3回目

30ドル

負け

-30ドル

+20ドル

220ドル

4回目

50ドル

負け

-50ドル

-30ドル

170ドル

5回目

20ドル

勝ち

+20ドル

-10ドル

190ドル

6回目

40ドル

負け

-40ドル

-50ドル

150ドル

6ゲーム目にして最高収支額が100ドルから50ドル減少し、資金と合わせると150ドルになるのでハーフストップ法を使用しゲームを終了します。

・ハーフストップ法のメリット

①大きな損失になりにくい。

②ルールに縛られないのでやりたいゲームで使用できる。

③最高収支額を決めたら連敗したとしても利益を確保できる。

・ハーフストップ法のデメリット

①最高収支額を決めるまでに大負けしてしまうとハーフストップ法を活用できない。

31システム投資法

31システム投資法とは、「1、1、1、2、2、4、4、8、8」の順でベットしていく手法です。

31システム投資法は勝敗確率2分の1、配当倍率が1倍のゲームで使用します。

利益が出た時点で1サイクルを終了してもいいですし、

9回目までベットを続けても構いません

利益が出た時点で1サイクルを終了するのをおすすめします。

・31システム投資法の具体的な説明

例として、最初のベット額を

「1、1、1、2、2、4、4、8、8」×10ドルとして、

ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

報酬

損益

1回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

2回目

10ドル

負け

-10ドル

0

3回目

10ドル

勝ち

+20ドル

+10ドル

4回目

20ドル

勝ち

+40ドル

+30ドル

5回目

20ドル

勝ち

+40ドル

+50ドル

6回目

40ドル

勝ち

+80ドル

+90ドル

7回目

40ドル

負け

-40ドル

+50ドル

8回目

80ドル

負け

-80ドル

-30ドル

9回目

80ドル

勝ち

+160ドル

+50ドル

上記の表は9回目までベットを続けた場合を想定したものです。

・31システム投資法のメリット

連勝がなくても上記の例の場合、310ドル以上負けることがない

・31システム投資法のデメリット

①連勝しないと利益が出ない。

イーストコーストプログレッション

イーストコーストプログレッション法とは、

2連勝後にベット額に利益を上乗せするという手法です。

ルールとしてゲームを始めて2連勝後に

イーストコーストプログレッション法を使用できます。

・イーストコーストプログレッション法の具体的な説明

例として、最初のベット額を10ドルとして、ベット額に対しての報酬は2倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

損益

次のベット額

1回目

10ドル

勝ち

+10ドル

10ドル

2回目

10ドル

勝ち

+10ドル

10+10ドル

3回目

20ドル

勝ち

+20ドル

10+20ドル

4回目

30ドル

勝ち

+30ドル

20+30ドル

5回目

50ドル

負け

-50ドル

10ドル

6回目

10ドル

勝ち

+10ドル

10ドル

1回目からのゲームで、10ドル、10ドル、20ドル、30ドルの順で勝っているので4回目の時点での損益額は+70ドルとなっており、5回目のゲームで50ドルをベットし負けているので損益額が+20ドルとなっております。

5回目に50ドルをベットし負けているので、6回目には最初のベット額に戻ります

・イーストコーストプログレッション法のメリット

最小限のリスクでゲームをプレイできる

連勝することができれば確実に利益を確保できる

負けてしまっても利益が残る

④ベット額の上限を決められているゲームもあるが、

イーストコーストプログレッション法はその上限に縛られにくい。

・イーストコーストプログレッション法のデメリット

①利益が増えにくい。

②3連勝しないとこの手法の効果がない。

モンテカルロ法

モンテカルロ法とは、「1、2、3」からの数列に沿ってベット額を変更していく手法です。

まず、「1、2、3」の両端の数字を足した数字がベット額になります。

1+3=「4」

負けた場合、「1、2、3」に前回のベット額「4」を追加し「1、2、3、4」の両端の数字を足した数字が次のベット額になります。

1+4=「5」

勝った場合、数字の両端を2つずつ消していき残った数字の両端を足した数字が次のゲームのベット額になります。

モンテカルロ法は勝敗確率が3分の1、配当倍率が3倍のゲームで使用します。

・モンテカルロ法の具体的な説明

例として、最初のベット額を「1、2、3」×10ドルとして、ベット額に対しての報酬は3倍とします。

ゲーム数

ベット額

勝敗

損益

数列

次のベット額

1回目

40ドル

負け

-40ドル

10+20+30+40

50ドル

2回目

50ドル

負け

-90ドル

10+20+30+40+50

60ドル

3回目

60ドル

負け

-150ドル

10+20+30+40+50+60

70ドル

4回目

70ドル

負け

-220ドル

10+20+30+40+50+60+70

80ドル

5回目

80ドル

勝ち

-60ドル

30+40+50

80ドル

6回目

80ドル

勝ち

+100ドル

40ドル

上記の例だと、5回目に勝っているので両端の数字を2つ消し、4回目の数列から計算して30+50=この80ドルとなります。

6回目は80ドルをベットし勝っているので、5回目の数列から2つずつ消すと数列が全て消えてしまうので、この場合、7回目のベット額は最初の40ドルに戻り、1サイクル終了となります。

・モンテカルロ法のメリット

負けの割合が多くても利益が出る

連敗してもベット額が大きくなりにくい

1サイクル終了時に利益が出やすい

・モンテカルロ法のデメリット

①メモを取らなければいけない。

サイクルが長引くとベット額が大きくってしまう。

このモンテカルロ法ですが、フランスの地中海沿岸にあるモナコという世界で2番目に小さい国にある、モンテカルロというカジノが潰れた原因になった攻略法になります

そんな手法ですが今のところ現地のカジノでも禁止行為となっておりませんので、

まず、オンラインカジノでやり方をマスターしてから

現地のカジノで試してみても良いですね。

モンテカルロ法についてもっと知りたい方は、下記にモンテカルロ法について詳しく記載した記事のリンクを貼っておきますので、気になる方はご参照ください。

オンラインカジノモンテカルロ法

攻略法のおすすめ

オンラインカジノオススメ賭け方

今まで数多くオンラインカジノの手法をご紹介してきましたが、

僕自身がおすすめする手法を紹介します。

初心者の方にオススメなのが、「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法は開始する為の資金を確保することが大変ですが、

資金さえ確保していれば倍々にベット額を増やしていくだけなので簡単です。

まずは、マーチンゲール法を活用してみて

次に他の手法を活用してもいいのかもしれません。

オンラインカジノ・カジノでの大切なこと

オンラインカジノで大切なこと

オンラインカジノや現地のカジノをプレイするにあたって大切なことがあります。

それは、「勝ち逃げ」をすることです。

偶然カジノで大勝ちをして沢山の利益が出たら

「もっともっと」という気持ちが湧いてきてしまいます。

ですがその気持ちが仇になる可能性が非常に高いです。

それが、ギャンブルというものです。

カジノをプレイする前に目標利益を決め手から

プレイすると利益が確保しやすく損失が少なくなりやすいので、

目標利益を超えたらすぐにゲームを終了する癖をつけましょう。

Lab助手
Lab助手
こんなにも手法があるんですね!
でも、多すぎてどの手法を使ったらいいのか分からないわ。
Lab准教授
Lab准教授
Lab教授
Lab教授
おすすめはマーチンゲール法じゃが、まずは、色んな手法を試して自分に合った手法を選ぶのがいいぞ!

まとめ

オンラインカジノ 必勝法 まとめ

当記事の冒頭にもお話ししましたが、

「オンラインカジノ、カジノの必勝法は存在しません」

カジノだけでなく他のギャンブルに至っても同様です

ですが、その中でも勝ちやすい方法又は攻略法は存在します。

攻略法はカジノだけでなく他のギャンブルにも多数存在します。

但し、攻略法といっても100%勝てるようなものではありません。

勝てる確率を少しでも上げるものです。

まずは、簡単にプレイできるオンラインカジノで攻略法を

マスターし日本にカジノができた際に豪遊しましょう!

他にも、オンラインカジノを現在プレイしている方は、
下記のリンクからオンラインカジノの中級者に向けた資料を無料で配布
しておりますので、気になる方は是非ご参照ください。

【無料特典アリ】オンラインカジノ経験者必見