オンラインカジノ 第三者機関

【オンラインカジノの監視役!?】役割や代表的な第三者機関を徹底解説!

第三者機関 について

オンカジLabへようこそ

当記事では、オンラインカジノの安全性を
向上させるために重要な機関となる
「第三者機関」について詳しく
解説しております。

世界中には、約2,000種類もの
オンラインカジノが存在しており、
中にはゲーム中にイカサマを行い不正に
運営しているオンラインカジノも
存在します。

そのような不正を行うオンラインカジノを
見極めるためにも第三者機関からの監査
受けているかが非常で、オンラインカジノで
詐欺に遭わないためにも重要な
要素となります。

第三者機関はライセンスと似ておりますが、
全く役割が異なりますので、第三者機関に
ついて詳しく知りたい方は、ぜひ最後まで
ご覧ください。

ライセンスについての詳細は下記の
リンクよりご参照ください。

オンラインカジノライセンス

Lab助手
オンラインカジノにおいて第三者機関がどのような役割をしているのか気になりますね!

第三者機関からの監査があることで何が違うのかしら?
Lab准教授

Lab教授
では、皆のために第三者機関の詳細と代表的な第三者機関をいくつか紹介していくぞ!

第三者機関とは

第三者機関 とは

まず第三者機関とは、オンラインカジノの
運営会社やゲームプロパイダを監査する為
の専門機関のことを指します。

第三者機関はオンラインカジノが不正や
イカサマを行わないように監視する
機関であり、運営会社に対しては
カジノゲームの公平性やペイアウト率を
監査し、ゲームプロパイダに対しては
プログラムなどの監査を行います。

万が一、不正やイカサマ、異変があると
思われた場合は警告を受けることとなり、
これらの不正を行なった場合は
ライセンスの剥奪となります。

第三者機関はライセンスとは違い運営にあたり必要不可欠ではありませんが、オンラインカジノの安全性を高めるためには、重要な機関となります。

第三者機関の役割としては、
「オンラインカジノが正常に運営
されているかを監査すること」
です。

ペイアウト率に関しては、あまりにも
ペイアウト率が低いとオンラインカジノの
運営側のみが得になってしまうので、
正常なペイアウト率に設定しているかを
厳しく監査し、ゲームプロパイダに
関しては、様々なプログラムが公平
に作動しているかを確認するために
定期的な監査を行なっています。

上記をまとめると、第三者機関の
主な役割は「カジノゲームが公平か
否かを見張る機関」
となります。

代表的な第三者機関

第三者機関 代表的な第三者機関

では、次にオンラインカジノ業界で
知名度が高く信頼性の高い、
代表的な第三者機関をいくつか
ご紹介していきます。

今回ご紹介する第三者機関は
下記の通りです。

第三者機関種類

・eCOGRA(イーコグラ)

・GLI(ゲーミンング・ラボラトリーズ・インターナショナル)

・TST(テクニカル・システムズ・テスティング)

・iTech Labs(アイテックラボ)

・TüV Rheinland(テュフラインランド)

上記の第三者機関の特徴を
簡単に解説していきます。

eCOGRA(イーコグラ)

まず、「eCOGRA(イーコグラ)」とは、
「eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance」
の頭文字を取った略称のことで、
2003年にオンラインカジノの公平性を
高めるべく非営利団体として、
英国に設立されました。

ソフトウェアとシステムの承認を
専門としており、国際的も承認されている
監査機関となります。

このeCOGRAは、オンラインカジノ業界ではトップクラスの知名度を誇る第三者機関のひとつで、最も監査が厳しい監査機関とも言われております。

eCOGRAは新しい基準が定められると
再び監査が必要となり、万が一その基準
を満たすことができなかった場合は、
即座にeCOGRAからの認定を
外されることとなります。

さらに詳しく知りたい方がいました下記に
eCOGRAについて記載している記事を
貼っておきますのでそちらからご覧下さい。

eCOGRA

GLI(ゲーミンング・ラボラトリーズ・インターナショナル)

GLI(ゲーミンング・ラボラトリーズ・インターナショナル)
とは「Gaming Laboratories International」
の頭文字を取った略称のことで、
1989年にアメリカのニュージャージー州
に設立された監査機関です。

2010年には、同じく監査機関として
知られる「TST」の一部がグループに
加わり、現在の体制へとなりました。

このGLIは、オンラインカジノだけではなくランドカジノのスロットの監査、ペイアウトりつの公表、宝くじの監査なども行なっており、eCOGRAと同様に厳しい監査機関として知られています。

TST(テクニカル・システムズ・テスティング)

TST(テクニカル・システムズ・テスティング)
とは「Technical Systems Testing」の
頭文字と取った略称のことで、
1993年にカナダのバンクーバーに
最大手のゲーミングRNG検査機関
として設立されました。

RNG(Random Number Generator)とは、乱数発生器のことでオンラインカジノゲームでの不正やイカサマを防ぐための重要な機能となります。

このTSTは、2010年にGLI
(ゲーミンング・ラボラトリーズ・インターナショナル)
のグループ企業となっております。

さらに詳しく知りたい方がいましたら下記に
TSTについて記載している記事を
貼っておきますのでそちらからご覧下さい。

TST

iTech Labs(アイテックラボ)

iTech Labs(アイテックラボ)とは、
15年以上にわたってオンラインゲームの
認証を行なっており、オーストラリアの
独立監査機関のひとつで、メルボルンに
拠点を置いて運営されております。

iTech Labsは、オンラインゲームシステム
の試験や認証、RNGなどの監査を
行なっております。

オンラインカジノ業界で知名度の高い
ソフトウェアのひとつである
「NETENT」のゲームテストや
認証作業を行なっており、
オンラインカジノの第三者機関の中でも
信頼性と安全性に優れた第三者機関
として有名です。

TüV Rheinland(テュフラインランド)

TüV Rheinland(テュフラインランド)
とは、1872年にドイツで設立された
監査機関のことであり
システム、安全、技術
を認証している団体です。

1987年には日本にも事務所を
構え運営されております。

このTüV Rheinland(テュフラインランド)は、ギャンブル関連だけではなく、第三者機関だけではなく医療機器や自動車の試験なども行なっております。

Lab助手
なるほど!第三者機関はオンラインカジノの監査を専門にしている機関のことなんですね!

でも、第三者機関からの監査を受けていることをどこで確認できるのかしら?
Lab准教授

Lab教授
第三者機関からの監査の有無は、オンラインカジノの利用規約やサイト下部のライセンスの証明証に記載されておるぞ!

まとめ

第三者機関 まとめ

当記事では、オンラインカジノの
「第三者機関」について詳しく
解説しております。

第三者機関とは、オンラインカジノを
運営している会社やゲームプロパイダを
監査している専門機関のことを
指しております。

オンラインカジノに関しては不正や
イカサマを行なっていないかを監視し、
ゲームプロパイダに関しては
プログラミングに異常がないかを
監視しています。

第三者機関はライセンスとは異なり、オンラインカジノを運営するために必須ではありませんが安全性・信頼性を高めるためには非常に重要な機関となっております。

ライセンスを取得しているだけでも
安全性の高いオンラインカジノと
言えますが、
第三者機関からの監査を
受けている方がよりオンラインカジノ
の安全性が高まります。

もし、より安全性の高いオンラインカジノを
求めている方は、ライセンスだけではなく
第三者機関からの監査を受けているかを登録
前に確認しておきましょう。

オンカジLabでは、ライセンスを取得
しているだけだはなく第三者機関からの
監査を受けている安全性の高い
オンラインカジノをおすすめランキング
形式で紹介しております。

もし、安全性の高いオンラインカジノを
探している方は下記のリンクより
ご参照ください。

オンラインカジノおすすめランキング