カジノ手法/裏技

【2連勝で利益を確保できる31システム投資法】特徴からメリットやデメリットを徹底解説!

オンラインカジノ 31システム投資法

オンカジLabへようこそ

当記事では、
「2連勝法」とも言われている
「31システム投資法」について
詳しく記載しております。

Lab助手
Lab助手
31システム投資法ってどんな手法なのでしょうか?

何か難しそうな名前をしているわね…
Lab准教授
Lab准教授

Lab教授
Lab教授
では、皆んなの為に31システム投資法について詳しく解説していくぞ!

オンラインカジノでは、
「31システム投資法」の他にも
様々な手法があり、
今回は31システム投資法をテーマに
31システム投資法の検証結果や
賭け方の説明を
事細かく解説しております。

オンラインカジノで大負けを
してしまった方やオンラインカジノで
どの手法を使うか悩んでいる方などは
必見の内容になっておりますので、

是非最後までご参照ください。

31システム投資法とは

31システム投資法 とは

31システム投資法は
別名「2連勝法」とも言われており、
2連勝することで確実に利益が
確定するという手法となっております。

この手法で使う必要な軍資金は
31ドルと非常に少なく、
リスクが低く初心者の方でも
簡単に始められる手法です。

31システム投資法は、
31ドルの資金を下記の表に
記載してある順番にベットしていきます。

A

A -1回目  1ドル

A -2回目  1ドル

A -3回目  1ドル

B

B -1回目  2ドル

B -2回目  2ドル

C

C -1回目  4ドル

C -2回目  4ドル

D

D -1回目  8ドル

D -2回目  8ドル

上記の表の解説をしていきます。

31システム投資法は、

・A(A -1回目、A -2回目、A -3回目)

・B(B -1回目、B -2回目)

・C(C -1回目、C -2回目)

・D(D -1回目、D -2回目)

以上の4段階に分けて
ベットしていくもので、流れとしては、

A -1回目(1ドル)→A -2回目(1ドル)→A -3回目(1ドル)→B -1回目(2ドル)

というように、

Aの段階が終わるとBの段階に移り、
Bの段階が終わるとCの段階に移り、
これをDの終わりまでベット
繰り返していきます。

ABCDの順でベットしていきますが、
下記の条件を満たした場合は
最初からとなります。

・2連勝した時点で31システム投資法の1サイクルは終了

・最後まで2連勝できずにD -2回目まで終わってしまった場合

以上、どちらかの条件を満たすと
31システム投資法の1サイクルは
終了となります。

31システム投資法のメリット

メリット

①2連勝する事ができれば利益を得る事ができる

②2連勝できなくても、サイクルが終了しても、損失額が31ドル以下になる

31システム投資法のデメリット

デメリット

①連勝しないと利益が出ない。

31システム投資法を始める前に

まず初めにご自身の軍資金と相談し
ベット額を設定し、
早速ベットしていきます。

例として解説している上記の表では
31システム投資法の1サイクルの
ベット額を「1ドル」を基準として
記載しておりますが、全てを
「5の倍数」や「10の倍数」
31システム投資法を
利用しても大丈夫です。

ですが、1サイクルの途中に設定した額がずれてしまうと、正常に31システム投資法が作動しない可能性があるため、最初に決めたベット額の設定は1サイクルが終わるまでは変えずに行いましょう。

31システム投資法の実践

では、31システム投資法を
実践した結果を表にまとめて
説明いたします。

下記の表では、
3サイクルまで行っており、
基準となるベット額は「1ドル」
となっております。

ゲーム数

1サイクル目

勝敗

報酬

累計収益

A -1回目

1ドル

勝ち

+1ドル

+1ドル

A -2回目

1ドル

負け

-1ドル

±0ドル

A -3回目

1ドル

負け

-1ドル

-1ドル

B -1回目

2ドル

勝ち

+2ドル

+1ドル

B -2回目

2ドル

勝ち

+2ドル

+3ドル

C -1回目

C -2回目

D -1回目

D -2回目

ゲーム数

2サイクル目

勝敗

報酬

累計収益

A -1回目

1ドル

負け

-1ドル

-1ドル

A -2回目

1ドル

負け

-1ドル

-2ドル

A -3回目

1ドル

勝ち

+1ドル

-1ドル

B -1回目

2ドル

負け

-2ドル

-3ドル

B -2回目

2ドル

勝ち

+2ドル

-1ドル

C -1回目

4ドル

負け

-4ドル

-5ドル

C -2回目

4ドル

負け

-4ドル

-9ドル

D -1回目

8ドル

勝ち

+8ドル

-1ドル

D -2回目

8ドル

勝ち

+8ドル

+7ドル

ゲーム数

3サイクル目

勝敗

報酬

累計収益

A -1回目

1ドル

負け

-1ドル

-1ドル

A -2回目

1ドル

勝ち

+1ドル

±0ドル

A -3回目

1ドル

負け

-1ドル

-1ドル

B -1回目

2ドル

負け

-2ドル

-3ドル

B -2回目

2ドル

負け

-2ドル

-5ドル

C -1回目

4ドル

勝ち

+4ドル

-1ドル

C -2回目

4ドル

勝ち

+4ドル

+3ドル

D -1回目

D -2回目

以上の結果となりました。

3サイクル行いましたが、
全てが1サイクル中の間に
2連勝することができ、
31システム投資法の本領を
発揮することができました。

3サイクル合計の累計収益は、
「13ドル」で1サイクル中の
心理的負担も少なく
おすすめの手法と言えるでしょう。

31システム投資法の注意点

31システム投資法 注意点

31システム投資法は
ABCDの各段階を使用していく手法となり
1サイクル合計で
9回のゲームがあります。

ですが、
その1サイクルの間の勝利数により
損失額は異なりますが、
2連勝ができないと損失が
確定してしまいます

この手法が失敗してしまうと、
31システム投資法では損失を
取り戻す事ができなくなります。

もしこの損失を取り戻すのであれば、
31システム投資法のベット額を
倍額にしてみると良いでしょう。

損失を取り戻すことは大切ですが、熱くなりすぎるとさらに大きな損失を負ってしまう可能性があるので、制限時間などを決めて損失を取り戻すようにしましょう。

まとめ

31システム投資法 まとめ

当記事では、
2連勝法とも言われている
「31システム投資法」について
詳しく解説してきましたが、
ご理解いただけたでしょうか?

こんな方におすすめ!

・心理的負担が少ない手法でゲームをプレイしたい

・大きな軍資金を用意できない

・1サイクル中に2連勝する自信がある

31システム投資法は
勝率が2分の1のゲーム
(バカラやブラックジャック)
で利用する事ができます。

ベット額が、
「1、1、1、2、2、2、4、4、8、8」
となっており、今どこのベット額なのか
忘れてしまうと31システム投資法が
正常に使えない可能性があるので、

紙とペンなどを用意して
31システム投資法を
行うと良いでしょう。

ですが、31システム投資法の
ベットの順番を覚えてしまえば、
非常に簡単な手法となっておりますので、

現在、何の手法を使うか迷っている方は
一度使ってみても良いかもしれませんね!

31システム投資法の他にも
様々な攻略法が存在します。

他の攻略法を知りたいという方は
下記に「オンラインカジノの攻略法」
について記載した記事のリンクを
貼っておきますので是非ご参照ください。

オンラインカジノ攻略法